女子プロテニス選手 伊達公子

肌を拡大

伊達公子選手は世界的にも有名な女性テニスプレイヤーで1994年から1996年に引退した過去が存在しますが、12年後の2008年より現役復帰を果たし、優秀な成績を収めたとして話題となったスポーツ選手です。

年齢的には現在は40歳を超えてしまっていますが、外見からも美意識も高いプロテニスプレイヤーとしての存在感もあり、マスコミにも注目されています。

特にテニスは太陽の照り付ける外のコート内で行われる競技で、太陽の陽射しにより小麦色に焼けた健康的な肌を持っており、「シミ」「そばかす」「ニキビ」などといった肌トラブルとは無縁のスポーツ選手のイメージがあります。その秘訣については本人が語ることは少ないですが、疲労回復から美容にも優れている可能性のある水素水を飲用しているとのことです。

現在でもコートに立ち続ける意志がありますが、怪我といった故障との戦いがあり再手術が必要とされております。その故障からの回復でまたコートに戻って来てプレイを行う勇姿を、もう一度見たいファンの方も多いはずです。