新体操選手 畠山愛理

畠山愛理はスポーツ選手の中でも抜群の美しい美貌の持ち主で、それもそのはず彼女は2015年のミス日本に出場を果たしています。

顔に塗る

グランプリこそ逃しましたが、特別賞を受賞していて、美しさはまさに本物と言えるでしょう。畠山愛理は、常に誰かに見られている意識を持って美しくありなさいと指導されたことから、美意識については折り紙付きです。

ただ、スポーツ選手の中には遠征の際、フライト中もメークを落とさない選手がいますが、彼女は違います。彼女の場合、肌が乾燥するので到着前にメークし直すという自分流の美意識を貫いています。オリンピックでは畠山愛理を含む美女アスリート軍団フェアリージャパンは、メダル獲得とはなりませんでした。

しかし彼女は現役引退後も毎日ストレッチや食事療法を行っていて、今でも柔軟性や体重は現役時代と変わることなく、美意識の高さは今も健在です。22歳で引退してしまった彼女ですが、新体操界きっての美女アスリートとして、今後どのような第二の人生をスタートするのか注目されています。