日本の競泳の選手 入江陵介

ランニング

日本の水泳界で現時点でトップレベルに君臨している入江陵介は、美意識が高いことでも評判があるスポーツ選手です。

まず彼の経歴をご紹介しましょう。大阪市天王寺区出身1990年1月24日生まれの27歳。0歳の頃にベビースイミングを経験してそのまま水泳に移行しました。本格的な競泳を始めたのは中学校に入ってからで、2005年3月の中学卒業間近に100mと200mの背泳ぎ2種目で日本中学記録を樹立しました。

2012年にロンドンオリンピック出場が決定して一躍名前が広く知られるようになり、端整な顔立ちと美しい肉体美が注目を集めるようになりました。

さて、入江陵介が美意識が高いと言われている理由の一つが、足のムダ毛処理を行なっているとスポーツ雑誌のインタビューで答えたからです。毎日手入れを欠かさず、観客に美しい体を見てもらいたいという考えを持っており、それに比例した素晴しい競技を見せてくれるスポーツ選手だといえます。