元バドミントン選手の潮田玲子

OKポーズ

女性のアスリートスポーツ選手の中で、美意識が高い方としては元バトミントン日本代表の潮田玲子さんを挙げることができます。バトミントンで三洋電機に所属し、オグシオやイケシオといった形で活躍され、マスコミなどでも美意識が高いスポーツ選手としても紹介されていたほどです。

2009年にはデザイナーが主催するファッションモデルに選ばれ、ゲスト出演を果たしデザイナーに称賛された女性としても知られています。

現在の潮田玲子さんはバトミントン選手を引退し、結婚され出産されていますが、今でも顔の肌に「ニキビ」「シミ」「そばかす」などが見当たらない美しさを保っています。

その理由を本人が語るには、まずバトミントン自体が室内競技であったため、自ずと太陽に当たる機会が少なかったこと、また太陽に当たること自体が苦手であったためです。ただ外でウィンドサーフィンやゴルフなどを楽しまれる機会がありますが、太陽が苦手な分だけ、日焼け止めと美白ケアといったスキンケアを欠かすことができず、そういった努力を怠っていないと語っています。