プロ卓球選手の四元奈生美

小顔効果ポーズ

プロ卓球選手の四元奈生美は、卓球界のジャンヌ・ダルクと呼ばれていて、個性豊かなユニフォームで試合をすることで知られています。

スポーツ選手の中でも彼女の美意識の高さは有名で、彼女自身、かなりの美形でセクシーな雰囲気があるので大人の魅力があります。卓球と言うと福原愛のイメージが強いですが、色鮮やかな様々なユニフォーム姿で試合をする四元奈生美が各種メディアで紹介された実績は大きいです。

試合の際、派手なユニフォームやメイク、髪型をかわいくしたのは、卓球のイメージを変えたいという思いからでした。中学生で卓球部に入った彼女は、周りの友達から暗いイメージを持たれたようで、そんなイメージを払拭しようと自ら派手なユニフォームで試合をするようになったのです。

卓球のイメージを明るいものに変えたかったのが四元奈生美の美意識の原点で、彼女はその気持ちをスポーツ選手として今でもずっと持ち続けながら卓球を続けています。ユニフォームはもちろん、化粧や髪型も全て彼女のオリジナルで、彼女の美意識が卓球のイメージが大きく変えました。